母校だより

トップ > 母校だより

●宮原耕治前理事(経営環境担当)に感謝状を授与しました

 宮原耕治氏は、平成26年に本学の経営協議会委員に就任され、平成27年からは経営環境担当の非常勤理事として本学の教育、研究、管理運営について永年にわたり的確な助言や提言をいただきました。
https://www.kaiyodai.ac.jp/topics/news/202005011811.html 


●田中栄次教授(学術研究院 海洋生物資源学部門)が令和元年度日本水産学会論文賞を受賞しました

https://www.kaiyodai.ac.jp/topics/news/202004271305.html


●大学入構制限措置について

 東京海洋大学では政府並びに東京都の緊急事態宣言等の発出を受け、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止することを目的として、4月14日(火)から5月20日(水)まで、入構制限の措置を延長いたします。今回の実施の趣旨をご理解いただき、当該措置にご協力いただけますようお願い申し上げます。


●ご入学される皆様へ お祝いメッセージ

 令和2年度入学式について、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、やむなく中止になりましたが、竹内学長と経営協議会委員 武藤氏からの祝辞を紹介いたします。

https://www.kaiyodai.ac.jp/events/general/202004071545.html 


●大連海洋大学からマスク1000枚をご寄付頂きました

 4月6日(月)、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により世界的にマスクが不足しているなか、本学は大連海洋大学からマスク1000枚のご寄付を頂きました。

https://www.kaiyodai.ac.jp/international/network/information/202004151338.html 


●南極海の二酸化炭素吸収:微細藻類の量だけでなく種類が鍵となるー優占群衆の違いが夏期の炭素収支を左右していたー

 国⽴環境研究所・地球環境研究センターの髙尾信太郎研究員らと、東京海洋⼤学、北海道⼤学、国⽴極地研究所の共同研究チームは、浮遊性微細藻類(植物プランクトン)の優占グループの変化が南極海のインド洋区における夏期のCO2 吸収量に影響を及ぼすことを、船舶観測と衛星画像解析により初めて明らかにしました。
https://www.kaiyodai.ac.jp/topics/img/3c79d845cb8e300c37f9aff3f2d6a19c.pdf 


●東京湾海底でメタンガス層を発見、「環境を守るための資源開発」に向けて

 東京海洋大学が、東京大学大気海洋研究所および筑波大学と共同で東京湾北部浦安沖の海底ガスを採取しその主成分がメタンであることを明らかにしました。 https://www.kaiyodai.ac.jp/topics/img/caf52bf285ef25c855c38cc1fec269ee.pdf 


●令和2(2020)年度入学及び令和3(2021)年度入学者向けの大学院入試日程の変更について

https://www.kaiyodai.ac.jp/university/img/r3_daigakuin_nyusi.pdf


●令和2年度 東京海洋大学入学式の中止について

新入生の皆様
保護者・ご家族の皆様

 東京海洋大学では、令和2年4月7日(火)に令和2年度入学式を開催する予定としておりましたが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、中止することを決定いたしました。
 新入生、ご家族の皆様におかれましては、人生の新しいスタートとなる入学式を心待ちにされていたことと思いますが、皆様の安全確保と感染拡大防止を最優先に考え、決定に至りましたこと、ご理解いただきたくお願い申し上げます。
 なお、本学での入学当初の各種行事や手続き等につきましては、後日改めてホームページ等でお知らせいたしますので、必ず確認下さるようお願い申し上げます。

                           東京海洋大学長  竹 内 俊 郎


●令和2年度4月入学「海洋産業AIプロフェショナル育成卓越大学院プログラム」学生募集について

http://rakusui.or.jp/cms/wp-content/uploads/2020/03/fea74cabbdf8221214952a52b4b9c422.pdf


TOP